高校生のメンタル【うつ病チェックで危険度が高い結果がでたのなら】

サイトメニュー

じっくり観察をすること

看護師

慌てずに病院で相談を

うつ病は大人だけがかかる病気ではありません。高校生といった青年にもかかる病気で、その発症例は日に日に多くなっていると言われています。そこには高校生であっても、大人社会と同様なケースがみられる時代になったと考えられることが原因と思われます。高校生活は誰もが楽しいものではありません。成績が伸びないとか落ちて来たなどの理由から落ち込む場合があります。また友達が出来ないことで、一人塞ぐことになり憂うつな気分にもなりかねません。教科によっては先生が変わることで、苦手な先生が出来りすることも考えられ、多感な時期でもあり多難を抱え込む時期でもあるからです。大人がうつ病にかかるような時には、悲しいことがあったとか仕事が旨く行かずイライラすると言ったことが多いのですが、高校生の場合には多少の違いもあるようです。高校生のような若い子がうつ病の症状を見せる時には、落ち着きがなくなる場合が多くなります。一人で部屋を歩きまわるなどの行動を起こす時があれば、行動することが全て鈍くになってしまうと言った具合にもなります。当然勉強する意欲もなくなり、親や友人とも話をしなくなってしまうのです。更には食欲がなくなり体重が落ちるなどのことや、部屋に閉じ籠ったままと言ったことも有り得て来ます。このような症状が見られる時には、うつ病チェックをしてみるべきです。うつ病チェックリストを試してみて、症状が悪化している時には早めに病院へ行きましょう。高校生のお子さんが、うつ病かなと思われた時にはまずうつ病チェックを行うようにします。イライラするようになったとか話をしなくなったなどでは、病気にかかったとは考えにくいものです。特に多感な時期であることから、余計な口出しを出来ない場合もあるので、親御さんの方でしっかりうつ病チェックを行うと良いのです。大きな目安になるのが学校へ行きたくないとか、仲の好かった友達との付き合いが変わったことに注目することです。楽しかったことが辛くイヤなことに変わって来ていることで、朝起きて来るのが苦手になる、夜は遅くまで起きているなどの症状は危険信号が灯っています。これら行動をチェックしてみて、2週間以上続いた時は病院へ行き診断を受けることが良い方法と思われます。診断を受け問題なければ良しとなる訳で、うつ病と診断されてもまだ軽い症状状態が考えられるからです。もしうつ病と診断されても、お子さんを叱るなどのことをしてはいけません。高校生と社会の中で苦労を感じているのですから、そっと見守るのが親の役目になるのです。また親の意志で治そうとするのではなく、心療内科や精神科の先生に任すことが最良の方法となります。慌てることなく、時間をかけ治療に専念することが回復を早めることになります。