高校生のメンタル【うつ病チェックで危険度が高い結果がでたのなら】

サイトメニュー

つらい気分を抱えている

看護師

抜け出すコツ

中学を卒業して知っている人が全然いない高校に進学する人は多くいらっしゃるでしょう。その場合、クラスメイトや所属する部活動で一から人間関係を構築することになりますが、なかなか友達ができないことがあります。それは通っている高校が合わないといった理由があります。周囲の人と親しくなれないのは、自分がその環境に適していないということです。自分では頑張って馴染もうとしているが、どうしても馴染めず、徐々にうつ状態に陥ることがよくあります。高校生のうつ病チェックとして、まず高校に馴染めているかどうか、周囲に親しく話せる人がいるか、学力が急激に低下していないかが挙げられます。高校生のうつ病の患者が増えている背景には、現代の既存の学校教育が適切でないことであります。同級生や同じ部活動の仲間との同調圧力がありすぎて、自分らしくいられないことが原因です。常に友達に気を配りながら、表情を伺いながら、だけど友達としての親しみやすさを相手に感じさせる必要があり、こんな苦しい高校生活を送っていたら精神的にしんどくなって当然でしょう。もしかしてうつ病かも、と悩んだら精神科や心療内科の公式ホームページにうつ病チェックできるものがありますので、ぜひ試してみてください。もう学校には行きたくない、勉強したくない、友達に会いたくないといった悩みを抱えながら高校に通学していたら、気持ちがしんどくなってしまいます。勉強は中学の時と比べるとはるかに難しいし、友達グループに属しているからと言ってグループの子全員と仲がいいわけではないし、恋愛もうまくいかず、高校生活に行き詰っている人は結構多いでしょう。周囲はみんな高校生活を満喫しているように見えるのに、自分だけこんな暗い気持ちで毎日を過ごしていて、輝かしい青春とは無縁の生活をしていると落ち込むことが多いのが高校生です。落ち込むこと自体は全然悪いことではありませんが、落ち込みが何週間も続くようでしたら、ネット上にあるサイトのうつ病チェックをしてみましょう。それでうつ病だと断定することは難しいですが、精神科や心療内科を受診する目安にはなるでしょう。もし「うつ病」には当てはまらなくても、気持ちがしんどいのが続くようでしたら受診した方がいいでしょう。うつ病チェックはあくまで目安で簡易的なものなので、そこに書かれてあることをすべて鵜呑みにするのはやめましょう。心の病気でもいろんな病名がありますし、元々もっている気質的なものかもしれませんし。つらいときは精神科や心療内科を受診しましょう。