高校生のメンタル【うつ病チェックで危険度が高い結果がでたのなら】

サイトメニュー

甘く見てはいけない事

チェック

小さな変化を見逃さない

人は、決して一人で生きているわけではなく、社会という中でたくさんの人々と関わりながら生きています。人それぞれ、考え方や性格も違い、育った環境によっては価値観も大きく異なることもあるでしょう。又、年齢も異なれば、意見が合わない事、逆に迷った際に良いアドバイスを受けることが出来るなど、人と関わることで自分にとって大きな影響を受ける場合も多いです。最近はインターネットが普及してきた事により、直接対面しなくてもインターネット上でコミュニケーションを取ることが出来るようになりました。特に、小さい頃からこのような環境にあった、スマートフォン世代である最近の中学生や高校生は、SNSから受ける影響というものが非常に大きいのではないでしょうか。その為、「高校生のうつ病」にも気を付ける必要があります。思春期の真っ只中で、大変多感な時期は人間関係や、進路の事を含め、将来について考え始めるなど、多かれ少なかれ悩みが出てくる頃です。インターネットでの情報から考えすぎてしまい、一人で悩む子供達も多いようです。小さなストレスを我慢し続けることで、体の怠さや、原因不明の腹痛が表れた際には、うつ病チェックを受けると良いでしょう。うつ病チェックを受けることで、今の自分自身の気持ちと向き合える、良いきっかけとなるのではないでしょうか。高校生ともなると、周りの目がとても気になる年代であるといえます。万が一、自分自身に悩みがあったとしても、正直に親に相談をしたり友達に打ち明けたりすることが、恥ずかしいと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、実際は未成年である為、メンタルクリニック等の専門の医療機関へ、一人でこっそりと受診することは難しいです。そんなときは、高校生の得意なインターネットを活用して、うつ病チェックをしてみると良いです。簡単な質問に答えて、現在の自分自身の心身の状態などを、ある程度把握することが出来ます。アンケートのようなものです。自分でも気づくことが難しかった気持ちを再確認することが出来るでしょう。又、同じような悩みを持った人との交流が可能なコミュニティや、専門のカウンセラーに無料相談ができるメールフォーム等も設置されていることも多いです。うつ病チェックを敷居の高いものではなく、気軽にできるものとして身近に感じられると良いです。顔が見えず、自分の情報が知られていないことによって、正直な気持ちを打ち明けやすいといえるでしょう。自分の中だけで悩まず、言葉にするだけでも、心のすっきり度は大きく変わります。上手く活用していけると良いです。