高校生のメンタル【うつ病チェックで危険度が高い結果がでたのなら】

サイトメニュー

つらい気分を抱えている

看護師

学校に馴染めず苦しんでいる高校生は多いでしょう。既存の学校教育が現代の子供たちに合わず、無理やり合わせようとすることで心身の不調が出てきます。うつ状態に悩んだときは、ネット上にあるうつ病チェックをしてみましょう。

詳しく見る

じっくり観察をすること

看護師

高校生のお子さんがうつ病かなと思えた時には、うつ病チェックをしてみるべきです。症状が2週間以上続いた時には、心療内科や精神科へ行き診断を受けましょう。病気と診断されても慌てないことで、時間をかけて治すことが大事なことです。

詳しく見る

甘く見てはいけない事

チェック

うつ病チェックという言葉を聞くと、「人が受けるもの」といった印象を受けがちですが、実は高校生も、心が疲れてしまっている子が多いです。そんな多感な時期である高校生にこそ、このチェックを受けることが大切でしょう。

詳しく見る

最近は増えている

カウンセリング

うつ病チェックを受ければ、どんなうつ病なのかも分かります。高校生もうつ病の人が増えています。一般的なうつ病以外にも躁鬱病のように抑圧症状と高揚した状態が交互に出るうつ病などもあります。治療法も異なるので適切な診断が求められています。

詳しく見る

うつ病を疑っている場合は

医者

チェックで状態を探る

自分でお金を稼いでいない高校生が、うつ病かもしれないと感じていても、クリニックで治療を受けるのはハードルが高いです。もしも、つらいけれど、踏ん切りがつかない状態にあるのならば、うつ病チェックを活用して自身がどのような状態にあるのか把握してみましょう。インターネットに繋げられる環境なら簡単に行えるので、パソコンやスマートフォンを使って、うつ病チェックを行うとよいです。ちなみに、インターネットを利用できる環境がまったくないのなら、ネット喫茶の活用をおすすめします。そこならば、安く利用できますし、プライバシーもある程度は保たれているため、安心してうつ病チェックが行えます。もしも、よい結果ではなかった場合は、近隣にある心療内科や精神科のクリニックを検索しておきましょう。頼れそうなクリニックを見つけて、アクセス情報や電話番号も調べておけば、通うことを決断したときに役立てられます。なお、高校生のお子様がもしかしたらうつ病かもしれないと考えているのなら、保護者の方の目線でチェックリストを利用してみましょう。もしも、うつ病チェックで危険度が高い結果がでたのならば、クリニックを活用して、きちんとした治療を受けさせる必要があります。うつ病チェックの結果を見て、クリニックに訪れ、病気であることが分かったのなら家族に頼るようにしましょう。高校生の場合は頼れる家族がいるでしょうから、病気のことを伝えて、サポートをお願いしたほうが安心できます。できれば、クリニックを訪れる前に、うつ病チェックの結果を見せて、今後のことを一緒に考えてもらったほうがよいです。なお、高校生の家族がうつ病になってしまったのなら、通常の精神状態ではないため、適切な接し方をしなければいけません。学校を休むことになっても、学業の復帰を第一に目指すのではなく、病気を治すためのサポートをしてあげましょう。現在では、医療従事者が書いたがうつ病をサポートするための書籍がたくさん販売されているので、接し方が分からない場合は、そちらを何冊か読んでみることをおすすめします。ちなみに、お子様がクリニックを訪れるのを躊躇しているのなら、付き添ってあげることも考えたほうがよいです。高校生にもなれば、普通の病気なら付き添いなしで通院はできるでしょうが、精神的な病気の場合は後押しがなければ無理なケースも多いです。一緒に診察を受ければ、ドクターの治療方針や意見も聞けるため、よりよりサポートが行えるようになります。